2020.7.4
一般社団法人 日本教員多忙化対策委員会 オンラインセミナー
コロナ時代の「潜在的学校リスク」を回避術
挨拶
  一般社団法人 日本教員多忙化対策委員会 浅谷 治希 代表理事

自己紹介
  名古屋大学大学院 内田 良 准教授 
  一般社団法人 日本教員多忙化対策委員会 井澤 萌 プロジェクトリーダー
千葉県柏市の成功事例について
  一般社団法人 日本教員多忙化対策委員会 井澤 萌 プロジェクトリーダー
 一般社団法人 日本教員多忙化対策委員会について
 コロナで再確認された学校の機能
  学びの機能
  居場所の機能
 管理職の差

 
コロナ時代の「学校リスク」への問題提起
  名古屋大学大学院 内田 良 准教授  
 リスクはいくらでもある。一つ一つをつぶすのには時間の限りがある。
    危険⇒安全(許容不可能なリスクがないこと)⇒ゼロリスク 不可能

 コロナだけではない、熱中症他 リスクある
    どこに資源をまわしていくか。

 面倒な仕事はたくさんある。でもね・・・・。子どものため
    優先順位を

 リスクのリアクション
  魅惑モデル   持続可能モデル


 今、先生の大変さが、理解されている
   給特法・・・定額働かせ放題
    2020年4月改正 1か月45時間以下 年間360時間以下
 
トークセッション