2020.11.10
ニューノーマル時代に必要とされる「問う力」
井澤 友郭 こども国連環境会議推進協会 事務局長
そもそも「問い」とは何ですか。
  疑問形
    「あなたにとって、幸せとは何ですか。」
    問いは、体言止めではなく疑問形で問う
  答えを求めたい意思があるかどうか
    あなたに応える意思があるよね。

問いの機能
  必要な情報を手に入れる
答える側




知っている 知らない




問い:雨を英語でいうと?

答える側の記憶や理解を確認する問いかけ
問い:遅刻しないためにはどうすればいいと思う?

問いかけることで相手から答えや気持ちを引き出す
主体的な行動の促し



問い:出身はどちらですか?
   予算の上限は?

相手の情報や気持ちを知りたい
問い:どんなキャリアを望む?
どんなキャリアを望む?

どちらも明確な答えを知らない
探究的な問い
知っている 知らない
 
 言葉の解像度を上げる

 思考をドライブする

誰に問いかけていますか
  
自分への問い
1人称の問い
1対1の対話の問い
2人称の問い
複数人の対話の問い
3人称の問い

こんなこと、ありませんか?
 ・将来どうしよう?

 ・いままで何が自分にできた?
 ・自分は何にいま熱中してる?
 ・10年後の日本って?
 ・自分の必要なモノって何だろう?

なぜ〇〇を学ばなければいけないのか?
  
全体の問いのトレーニング
 修飾語を意識して加える
      問いの修飾
      自由のようでそうでもない
  領域をフォーカスできるような問いを出せるか
     対象や主体を絞ったり、広げたりする

問いの修飾
   主体・時制・数字・動詞・修飾語など2つほど加えると
   思考の領域がフォーカスされる

   なぜ数学を学ばなければならないのか?
     ⇓
   なぜ、今、私たちは数学を学ばなければいけないのか?


一人称の問いのトレーニング

   軸を意識してつくる
   多くの問いをフレームに沿ってつくることができる
       ⇕
   あてずっぽうで単に多くつくる
     日本語は、主語なり疑問詞が曖昧だったりして、ブレがち
     日本語は、曖昧にも詳細にもできるから奥深い

2人称の問い
  なぜを封印
     Why  何で〇〇なの?
      ⇒なぜ、できないの?
      ⇒なんで、また忘れ物をしたの?

     How どうでしたか?
      ⇒今日の研修どうでした?
        最近、学校、どうだ?

  なぜ・どうすれば 攻撃
    丸投げコミュニケーション

 コンビニに行くと、ついスイーツ系を買ってしまう

 オープンクエスチョン 6W2H
   What 何を:内容、手段、種類、性別、目的
   Why  なぜ:意義、目的、動機、理由、ねらい、背景
   Who  誰が:中心人物、担当、グループ、性別、目的
   Whom 誰に:相手、関係、人数
   When いつ:タイミング、期限、時間、季節、類度
   Where どこで:場所、位置、屋内、屋外、舞台
   How  どのように:手段、方法、段取り、進め方、期待度
   How much いくら:数量、予算、単価、範囲
 
問いつぐりのポイント
  1.なぜ?どうして?を使わない
  2.Why系を聞きたいときはね事実確認の問い
  3..次に感情や認識を聞く問いを
  4.アドバイスは、MG! 全て問いの形で!

ORIT:問いかけのフレームワーク 
Step1 Step2 Step3 Step4
事実 感情 解釈 決定
・Objective
 Question
・客観的問い
・なるほど!と
 思った瞬間は?
・存在の確認
・数や主体を
 確認する問い
・Reflective
 Question
・内省的問い
・肯定&否定的 
 感情の確認
・一番嬉しかった
 出来事は
・気持ちや感情の
 言語化の問い
・Interpretive
 Question
・解釈の確認
・経験の意味や
 価値を確認
・何が
 得られましたか?
・深掘る問い
・概念化の問い
・Decisisional 
 Question
・自己決定確認
・判断や次の
 ステップの確認
・本当は
 どうしたいですか?
・進展させる問い

なぜを使ってはダメなのか?
  Why⇒ 人
     ⇒ システム

今日のキーワード
  KD 勘と度胸 ⇒ PD Practice Design 練習とデザイン

最後に 学びとはかけ算である
  技術×知識×実践=?
   30   10   0   0
   30   10   1   300
  実践が大事 実践を増やしていく
  ウエートは4:3:3