2020.11.6
学校現場の課題を「仕組み」から考える
Teach for Japanの活動について
  Teach for Japan 中原代表
対談
  Teach for Japan 中原代表
  教育評論家     妹尾 昌俊 氏
・学校現場の課題
  KKDに頼っている学校現場
   経験・勘・度胸

・教師の役割と、教育者の”質"とは?
  学校現場の状況をまず内部で情報共有する必要
  目標が明確でない。教育委員会・学校
  軸が見えないことがある。
  「仏作って魂入れず」という目標も
  ブラック校則
  今後、外部との連携が必要になる
   その際、どんなことを目指して、何をどう連携するのか
  特効薬はない
    お金も人も増えない
  主体性・・・教師に忖度する主体性になっていないか 
   
養成課程(免許制度)と採用試験の問題点とは?
  採用について検証していない
  非採用になった人が講師で現場にいる
  免許制度の在り方も問われる
    医師免許と教員免許との違い
  
・学校現場での人材育成の課題とは?
  学校はなかなか変わらない
    子ども相手なので仕方がないことも
  前例踏襲 
    今までやってきたことは安全
    初めて実施することには不安

  育成が機能していない
    育成する側も多忙化
    若返り 
      教員の半数以下が10年以下という地域も
    職場での育成
      何を主眼に置くか

  研究も「時間がない時にどのように教材研究するか」ということも必要
   雑談の有用性
  子どもが下校しないと帰れない
   教育課程を崩さないと解決しない

  どのような能力を伸ばすか
   ・授業力
   ・対話力
   ・学級経営
   ・働き方スキル
   ・ICTの利活用
       ハード面に対する変化に対応する力

   教育者の資質・能力と教師間役割の違い
     教師は、広い意味で視野が狭い

   急がば回れ
     時間の創出が大切
     学び続ける
 
   子どもと向き合う時間の確保?
     子どもと向き合いすぎている
   日常の字遊行にもっといろいろな人が関わるように

   ●●教育と言って学校に負担をかけすぎている
   給食や休み時間の対応も教師ではなく他の人が
      チーム学校として対応すべき