2020.10.29
長寿企業をはぐくむ「百年の計」プロジェクト
未来を創る伝統の力
   進化を続ける「人と組織」とは
挨拶
    堀内 勉 ボルテックス株式会社 企業戦略研究所長
基調講演
    唐池 恒二 JR九州 代表取締役
逆境と夢は人と組織を強化する
 JR九州は、逆境に立ち向かい、夢を抱いて成長と進化を遂げてきた     
   1965年 国鉄赤字
   1987年 国鉄の分割
    国鉄改革は。国鉄の解体 
    全国の鉄道を分割
      本州・・JR東日本、JR東海、JR西日本
        順調なスタート
        大きな利益
        すぐにも株式上場
      3島・・・JR北海道、JR四国、JR九州
        路線の大半が赤字
        株式上場なんてできないだろう
      JR貨物

    JR九州
      22線区のうち21線区が赤字
      1069億の売り上げ 300億円赤字
      鉄道以外の収入はほとんどない
      台風、災禍性の被害が大きい
      このころから高速道路整備

    逆境力
      逆境をばねにして乗り越える力(レジリエンス)

    JR九州の社員は、逆境をバネに本気で改革と挑戦に挑んだ
      鉄道事業の改革
      新規事業への果敢な挑戦
         現在 鉄道事業は総売り上げの35%
               JR東海   7割
               JR東日本 6割

   2009年 社長に       
     
 JR九州は、大きな夢を見た。
   九州新幹線
   ななつ星
   株式上場

 ななつ星  
   世界一の観光列車を走らせたい
   水戸岡さん、日立と川崎重工の応援
    内装もここまでデザインするかというくらいすごい
    8両編成 1・2号車 ラウンジカー      
          3~6号車 12室   当初 20倍~30倍 今5~6倍
          7号車   デラックス 2部屋 
            3泊4日100万 100倍~200倍
            リピーター1/4
    夢  九州から世界一をつくる
     クルー(客室乗務員)募集 世界中から400人
       採用25人  
         元キャビンアテンダント、元ホテルマンも
    世界一に心を動かされた
      夢が人を動かした

    水戸岡さんも小倉工場に住み込み、
   列車に魂のようなものがある
     器も1つ1つデザインが違う
   バイオリン・ピアノの生演奏

   社員の夢・思い・手間が詰まっている

  「気」が人間を動かしている
  「気」・・・エナジー
       持っている量、人によつて異なる
       旬の芸能人・・・オーラが出ている
       
   1.夢見る力
   2.スビートのあるきびきびした動き
   3.明るく元気な声(挨拶や会話)
   4.スキを見せない緊張感
   5.よくなろう、よくしようという貪欲さ
   6.
 「気」のエネルギーは感動のエネルギーに変化する

JR九州は夢を実現した
   九州新幹線・・・2011年3月12日全線開通
   ななつ星・・・・・・2013年10月15日運行開始
   株式上場・・・・・2016年10月東証上場

九州新幹線・・・2011年3月12日全線開通
   40年にわたる新幹線計画
   3月8日からCM
     2万人の人が応援してくれた
   前日、2011年3月11日 東日本大震災発生   
     TVで見て、16時 部課長を緊急招集 
      祝賀会の中止を要請
       「東北とは1000kmも離れているから」と反対の声もあった
       「国難なんだ。日本の国難なんだ。
             九州だけお祝いしてはいけない」と。
       自治体からも反対はあった
     あくる日、「判断は正しかった」と言われる。

10年前から行動訓練
   きびきびと訓練
 よさこい櫻燕隊
   YOSAKOIソーラン祭りに参加
   2015年から出場 連続優勝
   
シンポジウム
  登壇者
    西川 八一行 株式会社西川 代表取締役
    末松 弥奈子 ジャパンタイムス 代表取締役
    西村 総一郎 西村屋 代表取締役
    岩田 松雄   リーダーシップコンサルタント代表
    川上 恒雄   PHP理念経営研究センター 主席研究員
西村
 城崎温泉で2軒の旅館、神戸・姫路でレストラン経営
 城崎温泉開湯1300年 
 西村屋の心
  地域社会への貢献  特別養護老人ホームの経営も

 1925年 北丹地震
   西村 佐兵衛 町長  
   全戸で1割を無償提供してもらい区画割りをし、町づくりを
   75軒の旅館が共存共栄で

末松
  1897年創刊 120年の歴史
    当時、外国の人が英字新聞を発行していた
    日本のいいところを日本人が伝えたい
    伊藤博文、渋沢栄一等が尽力して作った
  コロナショック
   デジタル版 800万ビュー
   Eペーパーも発行 海外の方が有名
     アメリカ東海岸のシンクタンクやトランプ大統領も、読んでいる
 ミッション
    日本の情報を正しく伝える

   里山推進コンソーシアム
      英語で発行

   1903年 造船業 常石グループ
     日本がデジションを握っていない
   
   2020年4月 日本初の全寮制小学校を開校
     神石インターナショナルスクール 1学年24人

岩田
   日産13年
   ビジネススクール
     サービス業が進んでいるのは、ホテル・旅館業

   スタパの社長に
     100年後も輝く会社にと
西川
 蚊帳の行商として1566年(永禄9年)に創業して450年以上。
 寝具業界きっての名門・西川グループの代表。
 西川産業(通称・東京西川)、西川リビング(通称・大阪西川)、京都西川の3社」を、
 2019年2月1日に合併「西川株式会社」(以下、新西川)になる。
 3社は1941年の分社化以来、約80年ぶりに再統合。
 時代に応じて変革。
  社会に対して
  生活者に対して
  お取引先に対して
  社内に対して
 
  「みんなそれぞれにプライドはあるが、
  お互いが(競争で売り上げを)削り合っている状況のままでよいとは思わない。
  自ら動いて新しい時代を作っていく」と強調する。
 

末松
 今回、それぞれ事業を分割
 長い目で見た会社づくりを
 
 出版部門を出版社に
   外国人が日本語を学ぶ『元気』を出版
 広告局は新会社設立 

岩田
  歴史風土ある会社を合併、理念で結び付くしかない

西川
  理念をしっかりと
  長い目で見た会社づくりを

西村
  地域の人口動態  高齢者2:1
  30年たつと1:1に
  定住人口を増やしたい
  今、人と車が混在している町の構造を変える仕事をしている

   横の連携
    城崎温泉を売ることが、わが旅館の繁栄につながる

岩田
  自分たちのミッションが大事

末松
  ライバルはグローバル
   可能性をさぐる
   「意識改革していきましょう」と

西川
   ハイブリッド化していきたい
     海外のいいところと日本のいいところを取り入れる
  変化には不安と恐怖が
     苦しくても経営者が示す

  ダイバシティー
    海外だと明確   
    日本は、いつも同じ空気を大事にしている
    これまでは、「言わなくてもわかる」
    コロナにより、離れているからはっきりしないといけない
    文書化しておく
        論理構成していく
   15代当主だが、実は娘婿。
   歴代の当主のおよそ半分は、養子もしくは長男ではない人が務めてきた。
   ときどきそういう人が来て、DNAに突然変異を起こす役割。
   今は国際化。大きな変革を起こすタイミングで、それが自分のある種の役目。

  我々の代で、何をチャレンジしていくか
  動くことのリスク、動かないことのリスク

 今、国際化
   初代のチャレンジは、当時のチャレンジ
 
西村
   お客様、海外からのゲストが増えた
   それに応えられる人材が大事
   留学経験あり、日本の良さを伝えたいという人が従業員に


岩田
  グローバル人材
   日本人であること
     10のうち9が無駄ということもある
      英語を使うからグローバル人材ではない

  欧米型ビジネスがいいか
    日本の経営 ファミリービジネスがいいか
            後継者が育っていない

  「理念に忠誠を尽くしてくれる人材が大事、 社長に媚を振るう人は、いらない


末松
  日本人を世界によく知ってもらうことが大切
  それかできる人材が大切
  
  海外のインターナショナルスクールでは
  「あなたの国はどうなの」と聞かれる


西川
  西川イズムを大事に
   1.生活者志向  
      常に生活者と同じように感じ、考え、行動します。
   2.変革力・挑戦力
      痛み亡きところに得るものなし、歴史と痛みから学びます
   3.正しい成果思考
      ゴールを決め、ギャップを認識し、近づけるための行動をします
   4.協働能力
      異なる意見を交わし、決断し、決まったら協力して実施します
   5.革新ビジネス志向
      深堀氏、真因解決を発明し、シンプルにし、共有します
   6.最高水準の追究
      最高レベルの好奇心、学ぶ心、状根を持ち、行動します
   7.異文化吸収活性能力
      異なる考えに敬意を払い、複合して強くします 

 
  夢と情熱と好奇心
   伝わる仕組みを取り入れる


西村
  兵庫県立芸術文化観光専門大学(2021年開校予定)を誘致
   論理的思考とデジタル化


西川
  カスタマーファースト  
    理念が一番
    それによって変化する組織 


西村
  ITシステムを活用した「持続性のあるおもてなし向上」
  シフトコントロール


西川
  リーダーには二面性ある
    平常時のリーダーと緊急時のリーダー
  ダイバシティ―を持っていないといけない


西村
 次の世代にきちんとしたものを残しておかないといけない
 業界全体を未来志向で変えていく

末松
  先人の思いをしっかりと伝えていく

岩田
  経営は、人
  環境が変化する中、学び続けることが大事
  後継者をどうするかが課題
挨拶    
    堀内 勉 ボルテックス株式会社 企業戦略研究所長