2020.10.5
親子で学ぶSDGs
進行 
  たかまつ なな

ゲスト
  野口 健   アルピニスト
  野口 絵子 ニュージーランド留学中
  岸 紅子  
■ゲスト紹介
  たかまつななさん
    小4で野口健さんの環境学校に
      「大人は見て見ぬふりをする。子どもが伝えてほしい」と
   
    バングラディッシュ、カメルーン、マダガスカルの現状を視察 
      子どもにつけをまわしている
    健康でいること  社会貢献
  
  野口健さん
    アルピニスト
    古い家を再利用

  野口絵子さん 
    中学3年でエベレスト登頂
    現在、ニュージーランドに留学中

  岸 紅子さん 
    NPO法人日本ホリスティックビューティー代表
    心と体のセルフケアの普及に勤める

■3分間で分かるSDGs
  夢の国が水没
   地球温暖化で海面上昇
     ヒマラヤの氷河が解けている
     エベレストのベースキャンプにハエ
   台風被害 気候変動 
     山中湖に蚊が出現
   シェルパが日本で
     「頭に熱を持つと体中がだるくなる。
      エベレストが熱くなると地球全体がダメになる」と
   
 寿司屋からマグロが消える
  太平洋クロマグロ 消費の8割が日本
   取りすぎ
   海の豊かさを守る
 
 水を奪い合い戦争が勃発
   世界、水不足に
    20世紀は、石油をめぐり戦争
    21世紀は 水をめぐり戦争?
      ケニアとスーダンの国境付近でいざこざ
      エジプトとスーダン ダムの建設で対立
      インドのダム建設によりバングラディシュで水不足
   
 東京23区にも消滅する町が?
   少子化 一極集中 地方閑散
   人口比率 若年層と老齢層のギャップ

 格差でテロリストが増える
   フランスのテロ
    移民によるもの
      貧困・差別
   かつての日本
      差別が強かった
   ニュージーランド
      差別は少ない
      マオリの文化・思想 
        相手を大切に
■SDGsクイズ
  エコなストローはどれ
   草ストロー、花ストロー、でんぷん糊ストロー、麦ストロー
   
   花ストローはない 
  
  トイレを洗浄するときに大小の区別をすると、一か月でどれくらい節水になる
   ほぼ象が一日に飲む水の量と同じ720ml
 
  残量農薬が多いのは
   イチゴ
     
  ビルゲイツ財団が募集した革新的トイレコンテストで優勝したトイレは
   排泄物から電気を生み出すトイレ

■身近な場所でのお勧めSDGs
 ・自然
    野口健・環境学校
     一人ではできないことも仲間がいるとできる
     人と人の輪を広げたいとスタート
    ゴミを拾いたい

    娘の名前「エコロジー」から「絵子」に

    ニュージーランド
     島を守る対策
      靴を洗う。バックの中にネズミがいないか確認し上陸
    
 ・おしゃれ
   エスティナブルコスメ
   サスティナブルコスメ
   
   原料も考える
     発展途上国からきていないか

   リユース・リサイクル・アップサイクル
   イギリスの伝統
     長く使う
      洋服の肘当て
      傘の張替え専門店
      革靴も長く履く
 ・旅行  
    アウトドア体験を
      災害に強い町づくり、人材づくりの推進
      プチピンチが大事
        経験する
    熊本地震の被災地にテント村を贈る
        2016年4月の熊本地震で、最大600人のテント村を開設こちら
        災害時、メンタルをどう休めるかが大事
             睡眠を大切に
        日本では災害後3~5日、自立で生き延びるようにするといい
        
    ニュージーランド
        アウトドアの授業が、正規授業の一つに

 ・勉強(お勧めの本・映画)
    自然の映像   
     BCC制作映像
     NHKスペシャル
    
    映画「未来の食卓」「時計が壊れる前に」 
       
    『13歳からのSDGs』
    
・生活
    大月市空き家バンク制度
      古い家を再利用

    ニュージーランド  
      洗剤がついたままのお皿
        節水のため

      コンポストの利用
    
    ネパール・キリマンジャロはペットボトル禁止
      水を販売
      日本も始めるべき

    継続的にコミットしていく

    日常を変えていく
      日常的にアイディアを組み込む
      自分が知らないだけで取り組んでいることがたくさんある
    
    子どもにつけをまわさない
    
    地球のためのエコ、人間のためのエコ
    人間が傲慢になると自分に帰ってくる

    ヒマラヤに学校を
     クラウドファンディングの活用
     貧困のため学校にかよえない子どものための学校