2020.9.5
9割捨てて10倍伝わる要約力
伝える力(話す・聞く)研究所 山口 拓朗 所長
なぜ要約が必要なのか
 「時間を無駄にしない」
 「効率的に伝えるため」
 「頭に残る」
 「いらない情報を整理して削っていく」

 説明・報告・連絡・相談・交渉
 プレゼン・スピーチ・発言・質問・回答
 
 モノを買う・進路を決める
 付き合う友人や恋人を選ぶ
 コロナ時代をどう生きる 等
    人生とは、要約の連続である

要約が鍛えられたワケ
 編集者・記者・ライターとして
 多種多様な情報をインプットして膨大な情報の中から
 読者の興味・関心を引く情報と言葉を選び
 アウトプットとしてきた
 届ける相手の情報も把握する

 いかに相手意識になれるか
 情報を好きに書くのは自己満足の世界
 その人に役立つ情報を伝える

 話し方・書き方ではなく、いかにいい情報を収集し、
 整理・整頓し発信できるか
 
 書いた記事を第三者に客観的視点で読んでもらい、
 指摘されたことを改善できるか

 相手のことを知らない初対面の場合、
 いかに相手の興味・関心をもつか
 雑談・世間話が大切 そして質問力

 相手が不特定多数の時、最大公約数を見つけておく

要約の3ステップ
 ステップ1 情報収集
      
 ステップ2 情報整理
      
 ステップ3 情報伝達

ステップ1 情報収集について

 
 超情報化社会 
 
   ・人から聞いた話
   ・会議や鵜合わせで耳にしたこと
   ・現場で体験したこと
   ・五感を使って感じたこと
   ・研修やセミナーで勉強したこと
   ・書類や文書、データ、メールなどの情報
   ・新聞、書籍、雑誌などのメディア情報
   ・ウェブサイトやSNS上の情報 等
    五感で収集したもの・・・・・一次情報
    すでに加工されたもの・・・二次情報

  情報のソースと信頼性を見極める
  脳内に情報のアンテナをたてる
  非言語、空気感、潮流、雰囲気、様子なども収集する
 「枝葉を見て、元気だなぁ 根も元気だなぁ」
 「枝葉を見て、元気がない 根は大丈夫かなぁ」と
 きちんと見る観察力とそこから先を考える洞察力

 情報アンテナの立て方(書きだす)
  例 映画のレビューを書く
   ① 監督・脚本・キャストは
   ② この映画のテーマは
   ③ ストーリーの魅力は
   ④ 好きなシーンやせりふは
   ⑤ この映画の最大の見どころは
   ⑥ 惜しいところは
   ⑦ この映画は自分の人生にどんな影響を与える?
   ⑧ どんな人におすすめ?
     映画を観る前に、アンテナを立てておくことが大切
     アンテナを張ると情報収集力が格段にアップ
     アウトプットを前提にしておく
     
   テレワークの場合、表情が見えないので誤解・ミスが増える
   相手の立場に立って
   自分の興味・関心がないものはノートに書きだしておく
ステップ2 情報整理について
  ・「汚部屋」か「整理整頓された部屋」か
  ・具体化グループ思考を磨く
     例 買い物で
       鍋の材料を買ってきた
       肉と野菜を買ってきた
       豚肉と白菜ときのこを買ってきた
    
       同じ抽象度にすることが大切  
     例 『ヴィッツ』か『ミニバン』を購入する
       『ヴィッツ』は固有名詞
       『ミニバン』は車種

  ・優先順位思考を磨く
      グループごとに整理されたものはアクセスしやすい
      階層のレベルを合わせる
      抽象度を高め、次に具体的に
      
  情報を意識的に整理

ステップ3 情報伝達について
  ・「死んでもこれだけは言っておく」
    「30秒で」とか、メールを五行でとか、時間など制限を加える
   短く話す、書く
   相手のほしいものを文章にしたり、表現したりする   

  ・「幹→枝→葉」の順に伝える
    「死んででもこれだけは言っておく」→「ちなみに理由は~です」
   →「こんな事例があります。」と。

  ・「情熱」と「愛」はあるか
   伝えるもの、相手に対して愛と情熱はあるのか
  
 要約力は優しさ
   要約して相手にストレスを与えない
   相手に要約させない

 子どもの作文について
  低学年では、
    無理に要約させない
    創造力を高めるように
    表現する喜び、楽しさを味わわせる
  高学年では 
    制限を加えて
    一緒にまとめる
    何が面白かったのか
  親子でインタビュー形式で書きたいことを引き出す
    何を大事にしているか
    何に興味をもっているか

  「死んでもこれだけは言っておく」
   相手に伝わらなかったら、何が伝わらなかったのか、自覚し修正していく

  ただ与えられた情報だけだとだめになることがある
  自覚的に要約し、主体的に生きよう