2020.4.18
コモンラーニング研究会(zoom版)
1.挨拶 国立教育政策研究所 千々布敏弥総括研究員
2.参加者自己紹介
3.授業ビデオ視聴 
     中学校数学 グラフのよさについて考えよう
     本時 単元計画17時間中14時間目
4.意見交換・まとめ
 ビデオを視聴して、それぞれが考えたことを発表
(感想)
 ・「指導案は大変良くできているが、授業者がその意味を理解していない
  授業であった。」と。
 ・教師主導の授業であった。
 ・主体的・対話的で深い学びになっていない。
   ・やらされている感が強い。
   ・対話的な゜活動が少ない
   ・グループ活動での話し合いでは役割分担もない。
   ・子どもの声を拾っていない。
   ・グラフのよさを探る必然性がみえない。
   ・授業で何をするのか、めあてがわからない。
   ・授業の最初に配布されたプリントに、まとめの部分に空欄が用意され
    ていて、本時で学ぶことが、授業を受けなくても分かるようになってい
    た。