2020.8.5
出版記念オンラインセミナー「問う力」は最強の思考ツールである  vol.3
 進行
   吉岡 太郎 株式会社エイチ・アール・ディー研究所 主任研究員
   井澤 友郭 こども国連環境会議推進協会 事務局長
そもそも「問い」とは何か
  疑問形
  答えを求めたい意思
       
なんであなたは○○なの?  問いではない
        誰に向かって話しているの?  
問いではない

  
良い問い・悪い問い・魔法の問い ×
  
問いたい内容が届くかどうか

  何を書いたのか?
  問いをつくれるようになる本
  
 三種類の問う力
   一人称の問い・・・ひとりで考える 何か問いをつくっていく
   二人称の問い・・・一対一 私があなたに対する問いかけ
   三人称の問い・・・私があなたたちに対する問いかけ

問いの2つの要素
   言葉・主体をうまく選んで個々の問いをつくる 
言葉を重んじることが大切
      答えやすい問いから
      思考の領域と問いをつなげるように
      日本語は文脈を重んじている
       示されないと忖度が発生しやすい
       今、あなたが思いついたことを
   問いを組み立てる
      スモールステップ、 ステップ バイ ステップ

 思考・問いの領域を理解する


3人称の問いとは?
  3人称の問いは複数の相手に対しての問いです
   文法上の“3人称”とは少しニュアンスが異なる。
   問いかけ自体は“あなたたち”(複数の2人称)に行う
   その結果、その人たち同士の何かを大いに期待するという意味を込める

 
 授業や、さまざまな会議の場面で使える問い
  あなたが先生なら、生徒たちが相手
  普段の授業はもちろん、アクティブ・ラーニング型の授業なら、なおさら3人称の問いが必要。
  社会人なら会議の場というのも3人称の問いが活躍する場面。
  営業上でのプレゼンテーション
    3人称の問いをうまく使うと、相手をうまく巻き込むことができ、商談も進む

  自治体が主催する説明会
    住民の意見を拾い、納得度を高めようとするなら、3人称の問いを活用するとよい。

3人称の問いの効果
 • 共通の視点や視座を提供する
   考えなければならない焦点が明確
 • それぞれの間の相互作用を起こす
   互いの考えや感じ方を知る
   違いが新たなアイデアを生み、互いの成長につながる

 • 合意形成や主体形成を促す
 • 関係性の変化に影響を及ぼす
   組織やコミュニティ全体がまた新たなステージへと進める

新たなものを生み出す中心となる問い
 3人称の問いは、そのような“人々を繋ぎ、新たなものを生み出す”中心に