スタートカリキュラムの3rdステージ
國學院大學人間開発学部 田村 学 教授
 スタートカリキュラムも第3ステージに上がってきたといえます。
実際の様子をみているとこれまでよりも洗練されてきました。磨かれ始めてきたとも言えます。
 スタートカリキュラムは、今回の改訂の肝ともいえます。
 アクティブラーニングもカリキュラムマネジメントも、このスタートカリキュラムで学ぶことができます。
 高等学校、中学校の先生も立ち寄ることができます。
 実際の社会では、どんな人材を求めているか。隣の人と話してみてください。
 今、こんな力が求められているということを離し合ってみてください。

 話し合う

 少し聞いてみましょう。
「生きる力を求めていると思います。」
「視野が広く持てる人。」
「行動力のある人。」
「主体性のある人。」
 
 ありがとうございます。キャリアガイダンスとしても確認されていますが、これからの「変化が激しく予測できない社会」において必要とされるのは、身につけた知識や技能を活用し、価値を創造していく「学び続けられる人」になります。では、こうした人材をどうやって育成していくのか。
 これからは「主体的・対話的で深い学び」が大事になります。
 主体的と自主的の違いは、どこにあるでしょう。同じ自ら行動することですが、主体的とは、自ら考え、判断し、行動することです。
 一方、自主的とは、やるべきことを誰かに言われる前にやることができる人と言えます。主体性のある行動は自分の頭で考える必要があるが、自主性のある行動は自分の頭で考える必要はないとも言えます。
 いろいろと言っている人が、子どもたちのそうした主体性を遮っていることがあります。
 そこでは何が大事か、子ども中心であることです。
 子ども中心というと、放任になるという人がいます。それとは違います。子ども中心だからと言って、指導を放棄することではありません。意図を持つことです。質の高いかかわりを準備することです。
 改訂のポイントはここにあるといえます。
 それは、幼児教育に学ぶことが大切です。これまで学習の視点は先生でした。実際の社会では、学習者として本気になって取り組むのは子どもです。
 幼児期の教育を小学校、中学校、そして高等学校へとつないでいくことが、今回の改訂の重要な意義があるのだと思います。
 その意味では、小学校の入学は、大変最初のポイントになってきます。今日のこの場面がいかに大事かという事です。
 これまでの小学校の入学時期の子ども達がどのようになっていたかと言うと、机が前に向いていて、みんながきちんと背筋を伸ばして、手をお膝の上において、何か方に力が入っている。
 これまでと話をしましたが、今、現在、全国の小学校ではこのような状況のところがあるかもしれません。
 もちろん子どもがちゃんと話を聞くことは大事なことです。それはそれで大事にするのですが、もしかして彼らがまだ十分そんなことができないような長時間にわたってやっていたり、興味のないことを無理やりやってしまうとか、ないかという事です。
 このような感じは、見た目は美しい感じがします。手をあげて。ものすごく一生懸命やっている感じがします。
 このようなことが1時間目も、2時間目も3時間目も、そして4時間目も連続したら、ちょっと窮屈な思いをしたり、あるいは、学び手に取っては、本当の力が発揮できるのかどうか、なんて心配が出るかもしれません。
 こんな学校では、学校たんけんと言っても、先生が並んで引き連れてぞろぞろ歩いていく。
 これをたんけんというのかどうかです。
 また、お兄さん、お姉さんが一生懸命、面倒を見てくれる。悪くはないのですが、黄色い帽子の子ども達は何か、赤ちゃん扱いされているのではないかと思います。黄色い帽子の子ども達は、1日前の3月31日間では、園のスーパースターだった子ども達です。
 スーパースターが、一晩寝たら急に赤ちゃんにかえるなんて、おかしいのではないかと思います。
 そのような意味では、彼らの育ちをいかに確かなものとしていくか。入学直後の様子をちょっと変えないといけないという事です。
 それはなぜかというと、それぞれの園では、充分な子どもたちの育ちがあり、存分に力を発揮してきたという事だと思います。
 それが、幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿という事だと思います。、
幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿 
  • 健康な心と体
  • 自立心
  • 協同性
  • 道徳性・規範意識の芽生え
  • 社会生活との関わり
  • 思考力の芽生え
  • 自然との関わり・生命尊重
  • 数量・図形、文字等への関心・感覚
  • 言葉による伝え合い
  • 豊かな感性と表現
 10の姿を幼稚園・保育園に関わる方は知っているのですが、小学校、中学校、高等学校の関係の方は意外と知らないのです。ここで少し、近くの方と小声で話し合ってみていただけませんか。

話し合い
 10の姿は、一つ一つ丁寧に書かれています。実は長文なのですが、一つ一つをイラストにしてみると、分かりやすくなります。
 例えば、健康な心と体というのは、学校では、こんな姿なのだとわかってもらえると、10の姿に対する見方も変わってくるかもしれません。
 いずれにしても幼児期に育ってきた子どもの力をより確かなものにしていくことなのだと思います。
 つまり0からのスタートではないという事です。
 しかし、入学直後は0からじゃないから、入学式の次の日から存分に力を発揮できるかと言うと、それはそれで違うと思います。
 今年は4月5日に入学式し、4月8日からが普通の学校の最初の日ともいえました。
 ある女の子は、最初は友達がいないという事もあり、泣きながら登校してきました。心配でお母さんが連れてきました。心でないている子もいるのです。とても心配なのです。それが、今日(4/16)の授業では、とても素敵な顔をしていました。授業中、手まであげていました。わずか何日間かで、お母さんに連れられてきた子が、もう元気にしているのです。
 こうしてみると確かに育ってきているのが、分かります。
 今日の中でも違います。A君は、ずっと一人ボッチでした。友達とは一緒に活動していなくて、背中を向けていました。それが途中から一緒にやり始めるのです。気がついたら友達と活動を一緒にやっているのです。今日のような時間であっても、一人の男の子でも、交流し、活動していくという事なのです。
 これは恐らく、子どもたちがまさに朝、自分で考えて、行動するとともに、自由な行動ができる時間が用意され、時間があることによって、音楽が流れたら、もうちゃんと片付けまで始めるのです。
 先生が片付けなさい等言わなくても、片づけをやっていきました。こうやって、自分で考え、判断、行動する、空間や時間が用意され、先生が関わっていたのです。
 だとすると、私たちはいろいろなところに広げていけそうだという事です。このようなことが、どうやってできてきたか、先生方の力もあるのですが、今日の二人の先生の力量や指導力があったからと言うような話にしてはならないのです。
 これをどの学校でもできるようにしていくことが大事なのだと思います。そのためにカリキュラムという問題があるのだと思います。
 どんな風な計画を立て、どんな風な形で展開していくかによって、誰にでもできるようにしていくことを考えていこうということで、このスタートカリキュラムが動いてきたのだと思います。
 およそ、3つのステージを確認すると、前回の学習指導要領の改訂。今期の改訂の少し前、そして今回の改訂と3つの整理をした時に、この3つ目が学びという事をキーワードにしてきています。
 最初から項ではありませんでした。徐々にステップアップしながら本質に向かってきているのだと思います。  このスタートカリキュラムをキーワードを含めて考えると、次のようになると思います。
 まず1stステージでは、どちらかというと小1プロブレムが問題になりました。
 ですから学校生活ヘの適応です。
 2ndステージは、どちらかというと安心・安全。幼児期の学びをうまく生かして学校生活の流れを作ろうという事です。
 3rdステージが学びというキーワードになってくるのだと思います。
 このようなこと実現していこうという事になります。
 もう一度、確認しますと、1stステージは前回の学習指導要領の改訂になります。この時は、小学校1年生の学校への適応が社会問題にもなっていました。
 ですので、様々なチャレンジが行われました。これは、上越教育大学での実践です。まさに全国に先駆けた最初の頃です。スタートカリキュラムという言葉も出たばかりで、指導要領の解説に2回、登場しています。
 それが平成20年の頃です。富士見小学校でも熱心に授業をされていました。秋田の秋田大学附属小学校なども実践をしていました。
 2ndステージになると、こういった資料が配られました。(詳しくはこちら)
 これはご覧になった方も多いと思います。近くの方と話し合ってみてください。相談
 この資料は、いってみれは、スタートカリキュラムが動き出すことになるのですが、幼児期の子どもたちの学びを小学校の学校生活の中にも入れていこうということで、朝学校に来たらダイナミックな活動を取り入れたり、ダンスを入れたり、ゲームを取り入れたりという事になると思います。
 かなり中心になっていただいたのが、横浜という事になると思います。
 昨年の池上小学校もそのようなステージを土台に置きながら、次にどう動こうかという事になったかと思います。 
 その意味で、今回の3rdステージは、学びら向かうという事だと思います。
 指導要領上にも明確に示されているとともに、幼稚園教育要領にも明確に示され、文部科学省からは、このような資料が示されています。
 そこに見事に対応しながら、今回、学びという事に大きくクローズアップして展開してきたのです。
 池上小学校の実践は、先ほどブラッシュアップされ、洗練してきたというお話をしました。
 中でも、この一日のスケジュール、つまり具体的なカリキュラムがだいぶ変わってきたなと思います。遊びタイムにおいては、ほぼ整理されている感じがします。
 簡単に言うと、子どもたちにはどのような空間を用意し、どのような時間を用意し、どのような人間のかかわり方をするかで、ほぼうまくいくという事が見えたと思います。
 彼らの8時50分までの動きは非常になめらかで、非常に子どもが自ら選択し、自覚的に動いていたことが良くわかりました。
 入学して、5日、6日、7日位で、ここまでいけるわけですから、整えればどこでもできるという事だといえます。 きわめてこの子どもたちの環境構成というのは、発揮できるという状況、ある意味では、子どもたちに優しいと環境だといえます。
 このようなことが整理されてきたという事はシェアして、次に生かしていくことだといえます。
 問題になるのは、次の仲良しタイムだといえます。昨年の仲良しタイムは、ダイナミックな活動であったと思います。今年は、かなり整理をされていて、挨拶から入ったら、健康観察の健康しらべみたいなことをやり、その後ちょっと体を動かしたり、声を出したり、スキンシップをしたりした後に、絵本の読み聞かせ。ここまでスッスッとコンパクトに展開されていきます。
 このような場面を用意することで、おそらく子ども達は、次の学びに向かうリセットする場面だと思います。
 特に、読み聞かせ等では、子どもたちがぐっと集まっていく、ぐっと集中していきました。ですから、自由な遊びから次の学びに向かう準備ができているという感じがしました。。
 この後、2組では、お話しようという場面でした。このお話しようというのは、自己紹介をするという事ですが、言ってみるとフォーマルな場面で一人でお話しする、ということと同時に集中して聞くという事を、共にここでレッスンするのだと思います。
 お互いのことを紹介するのだけれども、みんなの前でお話しする。ちょっとお話を集中して聞く。
こんなことを学びのベースとして獲得していくのだと思います。
 更にその後はどうなるのかと言うと、いうなれば算数の授業です。ここで先生は、机の位置をくっと変えます。ここで、恐らく彼らの意識も変わります。「よし、ここからは違う場面だ」と思うのかもしれません。
 そして彼らは鉛筆を使ったり、筆箱を使ったりするわけです。やはりやりたいわけです。入学してきて「先生、いつ、教科書を開くの」という話になるのです。
 このような学びも適度に入れながら、子どもたちの学習の展開を進めていったのだと思います。
 そして3・4時間目の生活科の授業ですが、先生方は、意図的に地図と言うものと、実際の映像を使って授業を展開していました。
 この地図や映像を使うことによって、子どもたちの学びがかなり共同的になっていたのではないかと思いました。
 ここで見える化されているマップと見える化されている映像があるので、お互いの言葉がかみ合うという感じでした。
 この絵がなければ、子どもたちの同士の言葉は、かみ合わなかったと思います。「先生、先生、ここね。」と話をするから、みんなは話が成り立つわけです。
 だから多くの子ども達が地図を見たり、映像を見たりするので、集中力が続くわけです。このように集中力がつながると、共通のイメージが持てるので、よしまた行ってみたくなるのです。
 そして、戻ってきて子ども達がまた学ぶのです。
 このように3rdステージの学びに向かうということは、まさにアクティブな能動的な学びと、カリキュラムのデザインという今回の学習指導要領の改訂の肝が入っているという事だと思います。
 そしてこれが先ほど説明した学習する子どもの視点に立つという大転換のもとにあるという事です。そして、この場にいることの意味を確認し、それぞれの場で広めていってほしいと思います。
 何か、幼稚園から小学校だけの、あるいは小学校1年生の入学直後のちょっとした話という事ではなく、本質的な意味があるという事を確認しておきたいと思います。
 そして、今日授業してくれた二人の先生だけでなく、学校という組織やもう少し広域に当たる地域で実現していくことが大事なのだと思います。
 これとこれをやると、スタートカリキュラムも簡単にできるという事が見えてきたと思います。
 それを広めていくことが、スタートカリキュラムのみならず、新しい学習指導要領の方向性を推進していくことになると思います。
 新学習指導要領については、文部科学省、国立政策研究所、各教科書会社に色々な資料が掲載されています。参考にして推進してください。