28.11.10
第7回生徒指導担当者研修講座
Ⅰ 挨拶
 (1)横須賀市教育委員会 松崎指導主事
 (2)生徒指導担当者会顧問 岩戸小学校 阿部校長


 (3)児童指導担当者会顧問 夏島小学校 小川校長
 
 (4)諸連絡
   横須賀市教育委員会 佐埜指導主事
Ⅱ 研修
     「少年院の矯正教育について」
         講師 久里浜少年院 石原 法務教官
 1 少年院の矯正教育の概要
  (1)矯正教育の内容
   ア、生活指導
   イ、職業指導
   ウ、教科指導
   エ、体育指導
   オ、特別活動指導
  (2)矯正教育の計画等
   ア、矯正教育過程
   イ、少年院矯正教育課程
   ウ、個人別矯正教育計画等

 2、社会復帰計画
  (1)就労支援
  (2)修学支援

 3.少年院在院者の特徴
  (1)各矯正教育課程との関連
  (2)発達障害の教育的支援
  (3)福祉との連携

 4、各強制プログラムの根底にある認知行動療法の考え方   
  (1)なぜ「認知行動療法」なのか
   ○海外の研究で最も効果があるとされている技法である。
   ○少年院では、従来から行われていた教育活動である。
  (2)認知行動療法の基本
   ○よくない行動➡罰 叱責➡いいことない➡行動減少
   ○いい行動➡積極的にほめる➡いいことある➡行動増加
   ○いい行動をしてうまくいった人を見る➡いいことある➡行動増加     
  (3)「認知の偏り」って
   ○朝「おはよう」と言ったら、返事が返ってこなかった。
     ①聞こえなかったかな?
     ➁今日は期限が悪そうだなー
     ➂無視された・・・。嫌われている・・・。
     ④馬鹿にしやがって。このやろう!
     ➡受け止め方が変われば、行動も変わる! 
  (4)「認知の偏り」の修正?
   ○これまでの長い生活・習慣の中で培われてきたもの。
   ○「偏っているからなおせ」と言われて直せれば誰も苦労しない。
   ○本人が「変わりたい」と思うことが第一。
  (5)認知行動療法を踏まえた指導の基本
   ○これまで問題だったところに気付かせる。
   ○代わりになる行動をいろいろと教える
   ○「できそう」「よさそう」「やってみようかな」と思わせる。
  (6)コミュニケーションスキルの向上に向けた指導
   ○アサーショントレーニング、SST等
   ○個別担任による面接 
Ⅲ、質疑応答